CoderDojo 天白

CoderDojo天白の開催記録と技術的なメモ

CoderDojo 天白 N138

開催日時 2022年5月21日(土)13:30~16:00
開催場所 天白第3住宅 集会室

概要

今回は残念なことにマイクラプレゼンの聴講者はいなかった。一方、孫のママ友関係で新しいK君兄弟が参加してくれて、忍者は常連の二人と加えて、4人の参加となった。 メンターはマイクラプレゼンの洋君、写真その他いろいろのMさんと僕の3人でした。

初参加のK君兄弟は顔写真はNGということでマスクをさせてもらいました。元気いっぱいで久し振りににぎやかな声が響きました(^^♪

作品例はD君のプラットフォーム型ゲームです。いろんな機能が増えてくるにつれ、ゴール到着が難しくなります。K君にもやってもらいましたが、なかなかクリアできないようでしたね。

発表

ユースメンターの洋君

今日は残念の日でしたが、Kさんのパソコンの調子が悪いので、いろいろとみてあげていました。子供のパソコンということで、初めは古いのをそのまま使うこともありますが、ちょっと立ち上がりも遅いようでした。少しはよくなったみたいでよかったですね。

新しいゲームも作ってきてくれたのですが、、、また、次回のお客さんがくればいいな(^^♪

中2のD君

また、一つアイデアを加えました。移動するバーの上部にキーがあって、そのキーを拾って次のスペースに移動するといった感じかな。赤いバーに触れるとスタート位置に戻るのでなかなかむつかしい。

次は何を見せてくれるかな、、最近の楽しみです(^^♪

小1のK弟くん

保育園から進化して小1になったと元気いっぱいのK弟くん。

パソコンを触るのも初めてということだったけど、すぐに慣れて、いろいろといじっていた。お兄さんのを見ながら、スプライトの色を変えて自分の固有のものを作っているようだった。

動きは左右往復だけだけど、恐竜にしろ、魚にしろ自分のものを作っている感があった、

小3のK兄くん。

トワイライトにも来たことがあり、小学校でもScratchをやったことがあるという小3忍者。インターネットの検索もできるようになって、なんでも師匠という子がいて、スプライトをバラバラにすることが好みのようで、何とか言うメカの説明を朗々とやる。そんな面白い子供だった。

いろいろとやったが、アカウントをしっかりとやってなかったので、残ったのはこれ一枚。これも左右に動くということだけは覚えたらしい。この子を見ているといろんなことをすぐに覚えてしまうみたいだった。

中2のR君

脱出ゲームを作っているR君。 今日は一部屋作ったとか。。。

今回作ったのは数字のクイズ。何か、難しくて理解できなかったが、同じ色の数字の設問を一つずつこなしていくとキーが開くというのかな。

やさしいサンプルから作っていくといいと思うけど、最終結果を想定して進んでいくというのがR君流かな。D君とは正反対のアプローチ。

集合写真

最後に恒例の集合写真。今回はK君の家族が顔出しNGということでマスクをつけての写真となった。たまにはこういうのもいいのかな。ご苦労さまでした。

次回の案内

次回は5月28日です。参加希望される方は、下記から申し込んでください。

tempaku.connpass.com

イクラプレゼン、最終日です。

記録 松成文夫

CoderDojo 天白 N137

開催日時 2022年5月14日(土)13:30~16:00
開催場所 天白第3住宅 集会室

概要

今回の参加者は常連のD君、R君、S君の3人に加えて、洋君のマイクラのプログラミングのプレゼンを聞きに稲沢からN君が参加してくれた。CoderDojoJapanで募集しての参加と思われる、一人だけでもありがたい。聴衆は忍者のS君とメンターのMさんと僕が遠巻きの参加となった。

いつもながらの会場風景である。とりあえずはマイペースのD君とR君、、、それに洋君グループとなった。

発表風景

ジュニアメンターの洋君

今回もわざわざ雪投げとかいうゲームを作って、十分な準備をしてきてくれた。写真の数が多いので最後に紹介します。

中2のD君

今回は障害として、狭い通路を作った。その通路を通るにはプレイヤーが小さくならなければいけない。数か所で鍵を拾うと小さくなる。後は障害の敵を倒してゴールに向かう。そんなストーリーだった。

見た目、かなりスマートになった。次は、どんなアイデアが出るか、楽しみである。マリオなんかがベースになっているのだろうか。

中2のR君

R君の作り方は、全体をイメージして、そこから細部を詰めていくというやり方である。今回は部屋を三つ作って、そこへ導入していくといったあらすじを作っているらしい。

いつもながら、ダイナミックな画面だが、先はまだ長いのかもしれない。

小6のS君

イクラを腹を抱えて笑って楽しんでいたS君。とりあえずは家で作ったというクリックゲーム。

クリックするとワープするといってたが、どこかへ動き、点数が入るといったものだった。ちょっと、地味だったので皆さんならどうするかの意見をもらった。

・ 色が変わったほうがいいのでは?

・ 音楽を入れた方がいいのでは?

・ クローンの親も動いた方がいいのでは? ・・・クローンを使っていたのかな

といった声がでた。まだ、Scratchの初心者ではあるが、作品にいろいろと工夫をしながら作っていけばいいということだと思う。

集合写真

今日もみなさん、ご苦労様でした。一日、一日進歩していると思いますよ(^^♪

次回の案内

次回は5月21日です。次からお申し込みください。

tempaku.connpass.com

今回もマイクラのプレゼンがあります。ぜひ、参加ください。

洋君の資料

洋君の写真をMさんがしっかりと撮ってくれました。興味のある方はご覧になってください。

ご苦労様でした(^^♪

記録: 松成文夫

CoderDojo 天白 N136

開催日時 2022年5月07日(土)13:30~16:00
開催場所 天白第3住宅 集会室

概要

今日の参加者は常連の忍者4人とメンター3人に保護者が1名といったところでした。

特に今回の目玉はジュニアメンターのH君がマインクラフトのJavaプログラミングのプレゼンテーションを行ってくれたことでしょう。5月いっぱいは来てくれるとのことです。みなさん、楽しみにしてください。

参加者は少ないが賑やかな景色になったかな。

発表風景

ジュニアメンターのH君

この場を発表の場として使ってくれているH君。学校も単位を取ってしまって、5月いっぱいは来てくれるとのこと。6月からは受験勉強に集中するとのことだった。

内容はマインクラフトのJavaのプログラミングということで難しそうだったが、マイクラに興味があるのはS君だけで楽しそうに触っていた。

具体的にはSpibotというフレームワークを使ってのプログラミングで羊をクリックすると雷が落ちるとか、自動化された畑で、コーン?を刈っていくとちょっと時間がたつと新しく苗が生えてきて永久にコーンの刈り入れができるといったものが主題で、あと、簡単にいろいろと機能追加ができるよというような話だったかな。

思ったよりも分かりやすく思えたのは実技が入っていたからかな。次回は何かゲームをできたら作ってきてくれるとのことだった。

中2のD君

D君も数回前からScratchで楽しそう。隣のS君の面倒も見ながらだった。

新しく緑の円を付け加えて、緑の円に到達すると別の円にトランスポートといった感じかな。。。機能が付け加わるとよくわからなくなった。ぼつぼつ、ルールを言葉で整理したほうがいいと思う。

次はどのように発展するかな。いろいろなことが考えられるが、どんな方向に行くのかな、、、楽しみである。

小6のS君

S君はScratchとマイクラの二刀流でした。進歩はゆっくりのようだったけど、いい経験になっているかな。

Scratchの方はプレイヤーが左の方から、中央の障害を乗り越えて右の方のゴールへ行くという問題。バグがあるということでプレイヤーが下に落ちてしまうとのこと。。。下へ落ちるというとこでミスがありそう。

中2のR君

時間中は脱出ゲームを作っていたみたいだったけど、まとまらなかったらしくて、家で描いたというタイトル画像の紹介。いつもながら、迫力のある画面になっていた。

小4のKさん

ちょっと間が空きましたが、テキストをひとつづつこなしているようです。

今日はクイズというか算数のテスト問題。簡単な足し算と引き算の問題で正解、不正解で音が鳴る。それが出ないとのことだったけど、パソコンのボリュームを絞ってたみたい。音が出てめでたしめでたし(^^♪

集合写真

今回は集合写真にお父さんも入ってくれて賑やかになった。また、次回、よろしくお願いします。

次回の案内

次回は5月14日になります。下記から申し込んでください。

tempaku.connpass.com

なお、マイクラのプレゼンテーションもあります。こちらも楽しみにしてください。

記録: 松成文夫

CoderDojo 天白 N135

開催日時 2022年4月23日(土)13:30~16:00
開催場所 天白第3住宅 集会室

概要

今回は5人の忍者と3人のメンターと二人の保護者で落ち着ける数の参加者だった。常連の忍者とは別に、新しい忍者としてI.Nちゃんが初参加だった。

メンターとして、前にお世話になったYさんが久し振りに顔を出してくれた。

また、卒業生のH君がボランティアで単位?が一つとれるので、今年は真面目に参加できるといった参加してくれたのはうれしかった(^^♪

いろんな人が参加してくれたので、皆さんから一口ずつ、自己紹介もして貰った。

会場風景です。

久し振りにみなさんの写真をぱらぱらと・・・

発表風景

真面目に通ってくれるというので、H君に司会を頼んでみた。

中2のD君

前回に作ったプラットフォーム型のゲームを拡張して二つ作ったとのことでした。

これがその一つ、四角い敵に正面から当たったら失敗で元へ戻る、後ろから当たったら敵をやっつけれる、、、、それで同様に水色四角のカギを取ってゴールを開けてゴールイン。。。

もう一つはこちら、敵の住んでいる領域で左右に移動しているがそれを前述の自分と敵の関係でクリアして、全部やっつけてゴールイン。といった感じだったかな。。。

ゲームはちょっと苦手といってたけど、一つ簡単なのを作って、次々と発想がわいてきたらしい。大きな進歩のような気がする。

progateも受験勉強的なとこがあるので、Scratchで楽しんで、また、テキストは別のアプローチでもいいかもしれない。

中2のR君

いろいろと模索している感のあるRくん。 今回は脱出ゲームとか。。。

今回は部屋と関連Codeを書いたとか。。

また、次回を楽しみにしています。

小3のNちゃん

今回はゲームを作りたいと言っていた。

スプライトの色を変えたり、言葉を出したり、もっとできるはずだけど、、、

ゲームをリミックスしてみたらということで、このゲームで色を変えたり、ジャンプの大きさを加速度で変えたりして遊んでいた。

今度は簡単なアクションゲームを一緒に作ってみようかな。

小6のS君

質問があるといつも手を挙げてくれるS君、今日はH君の密着指導を受けてたみたいだった。

前回のピンポンの続きかな、それにD君の影響を受けたのかな、段々をぴょんぴょんと越えていって、右下の家にたどり着く。ゴールで室内が映し出される。

まずは一つの作品ができたのかな。次回は、拡張できるかな・・・

小3のI.Nちゃん

今日初めての参加です、Scratchも学校でやったとか、お母さんもパソコンが達者のようで二人で仲良くやっていた。

ハリネズミが坂を上っていくとこまではできた。坂のあるとこに来ると、その先に何かが出るというのを作りたいとのことで、目印を作って、メッセージを使うことを教えた。

全体的にお母さん主導なのかな、まとまった作品になった。

子供さんは楽しそうだった。

メンターのH君。

メンターのH君、、、高校の残り、1年、来てくれるとのことで嬉しいが、こんなチラシを作って話してくれた。

プログラミングは楽をするためにやるとのこと、、、それだけでいいのかな。。。

とかく、実学志向が強いが、ま、Dojoでのんびりと過ごしてくれてもいいかもしれない。多分、そんなこともいいのではないか。

とにかく、なんでもすぐにマスターしてしまうH君で、マイクラ、電子工作なんでも教えるよと言っていた。マイクラJavaのプログラミングなども教えられるようですね。僕も教えてもらおうかな。。。(^^♪

とにかく期待しています!

集合写真

みなさん、揃いました。中央の二人のTシャツの文句がいいですね。自信が出てきたのかな。

パソコンの技術はぼつぼつでも進歩していると思います。今度は発表をおおきな声でわかりやすくやってもらえればと思います。

次回の案内

次回は1週間空けて、5月7日開催の予定です。コロナ禍もちょっと収まって、楽しいGWを過ごしてください。では、次からよろしくお願いします。

tempaku.connpass.com

記録 松成文夫